サイトをご覧いただきありがとうございます。
未来の大切社員の、大切ご家族様へ

ご家族のみなさまへ

こんにちは。さくら会理事長の黒瀬です。
参方善さくら会は2005年に創業し、
今では、歯科業界でトップ0.1%のレベルまで成長しました。

私が経営者として大切にしていることの一つに、「従業員を家族のように大切にすること」があります。
そのために大切なのは、「安全」・「安心」
私たちは、全ての従業員が安全に気持ちよく働け、ご家族からもサポートしていただけるよう、安全に関する取り組みに労力を惜しみません。

一般的に歯科業界は知られていないのかもしれません。しかし、「さくら会なら安心して任せられる」と従業員やご家族に安心していただき、最終的には歯科業界全体のイメージアップを図れるよう、多くの方から信頼される企業を目指していきます。
今後ともよろしくお願い致します。

さくら会は12年連続成長

創業以来、12年間連続で業績を上げ続けています。その秘密は、良い人間関係と仕事のやりがいにあります。

人柄の良いスタッフが多いことが自慢です!

前向きに考えること、相手を思いやることができるスタッフが多くいるのもさくら会の特徴です。「助け合い」は当たり前、居心地の良い職場環境がここにあります。

出産育休を経て、時短勤務中のママさんも多数!

さくら会は歯科医師・衛生士・受付・歯科助手・事務合わせて30名ほどが子育て中のママさんです。そのうち半分以上が時短勤務で働かれているほど理解があります。

週休2日で連休も可!
有給取得率100%

院内や法人内に全職種の複数のスタッフが在籍しているため、子供のイベント、急なお休み、休暇・連休などもプライベートの時間も大切にしていただけます。

新卒スタッフの
離職率が低い

新卒の1年以内の離職はほとんどありません。逆に、既存のスタッフさんに紹介をいただけることも多いです。着実にスキルアップできる環境、人間関係を大切にする社風がこの結果につながっていると感じます。

毎年20名の
新卒の仲間が誕生!

さくら会の特徴は同期が非常に多いこと、毎年医師・衛生士など含め、10名~20名を採用しています。同期がいるからこそ、支え合ってレベルアップできる環境です。

ご家族の皆様からよくいただく質問をまとめました。その他の質問・ご不明点があれば、お気軽にご相談ください。

Q1.職場の環境・雰囲気はどうでしょうか?

A1.「患者さま・スタッフ・地域社会の全てを幸せに」のモットーの通り、人柄の良いスタッフが多く、風通しの良い社風です。理事長の黒瀬が自主性を尊重して、人として大切にするという考え方を持っています。「人を外的にコントロール(怒ったり、怒鳴ったり)」せず、本人の自主性を信じて関わる。相手のことを否定せず、傾聴する。この姿勢は社内全体に広がり、人に優しく、思いやりを持つという社風ができています。

Q2.歯医者さん業界で働くってどうなの?

A2.「歯医者さんはアルバイトで勤めるところじゃないの?」「歯医者って個人でやっているイメージ、良くわからない?」「歯医者さんってたくさんあるけど経営大丈夫なの?」このような不安にお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし実は、歯科業界は訪問歯科(ご自宅・施設に訪問する)、予防歯科(虫歯・歯周病を未然に防ぐ)という分野が今後、必要となり伸びてくる成長産業です。確かに、歯医者は96%が個人経営で、全国に70000医院あると言われます。ただ、さくら会では、その中でも全国トップ0.1%の歯科医院として、スタッフ140名、愛知県を中心に8拠点、総チェア47台、歯科医師35名、歯科衛生士30名SE、デザイナーが在籍している組織的な企業です。
もちろん社会保障は一般企業と同様に、社保完備、産休育休取得可(取得率100%)のほか、復帰後のキャリア継続などの制度も整備しております。

Q3.社会保険はどうなっていますか?

A3.一般企業と同水準の社会保険(厚生年金保険・労災保険・健康保険・雇用保険)に加入しておりますまた、有給休暇の取得も毎年ほぼ100%(初年度10日間:法廷通り)です。1年目でもシフト調整して連休をとり、有給と合わせて海外旅行に行くスタッフもおります。ちなみに、月の残業時間は10~20時間程度(就業時間15分前出勤、午前就業後の片付け、午後就業後の片付け清掃の時間も含む)で1日の残業はほぼありません。もちろん、残業時間の手当も法廷通り支給します。

Q4.長く働けるのでしょうか?

A4.長く働くためには、特に女性の場合ライフスタイルに合わせた働き方を相談・変更できる環境が必要になってきます。さくら会では、産休育休の制度や復帰後の時短勤務、正社員登用も積極的に行っています。過去5年間に5名が産前産後休暇を利用され、さくら会で2児の母になられた方も複数名おります。また、産休育休後も教育担当としてキャリアが無駄にならない形で、働くことができます。
その最大の理由は、理事長黒瀬がママさんのことを本当に大切にしているからです。黒瀬本人も主夫経験もあり、大変さを知っています。だからこそ、スタッフのお子様が熱を出した際は、必ず「大丈夫、休んでいいよ。」と優しく言います。
この環境が、会社全体にも広がり、個人個人のライフスタイルを応援しようという社風につながっています。ちなみに、分院ありす歯科は子育て中の女性が分院長であり、その先生に配慮した形で、終了時間の早い医院として開設されました。